歩いて発見❕すばらしい夜景~山梨フルーツ公園~

!!こんにちは。社会工学類2年の荒川侑生基です。

猛暑が続く中、つかの間の涼しい日が続いていましたが、また暑くなってきて夏バテしている私ですが今回はすばらしいランドスケープを見つけました!


それは山梨県フルーツ公園です!



新日本三大夜景にも登録され夜景がきれいなことでも知られるこの公園ですが、昼夜問わず魅力があるのがこの場所の良さです。写真はフルーツ公園の地図ですが、下のほうにある“フルーツライン”という長い道を登ってきてようやくたどり着くことができます!車でも来れますが、歩いていくことのメリットはかなりあります(かなり疲れますが、、、)。後半でまた紹介します!また、レストランやホテルなどもあり、広いターゲットに向けて展開されています。地図を見ただけでは具体的にどのような場所か想像できないので、さらに詳しく見てみましょう!


これはフルーツ公園内で食べられるパフェです!山梨県産の新鮮な桃をたっぷり使っているそうです。こんなに大きくて桃をふんだんに使っているのに値段なんと、、、1500円です。これは食べるしかないですね!他にも山梨県産のぶどうを使ったパフェなどもあるのでぜひ足を運んで好きなものを召し上がってほしいです。きっと暑い夏を乗り越えられるでしょう!お店の人に話を聞くと「一年を通して県内外問わず観光客が絶えない」そうです。フルーツ公園という名前だけあってフルーツに力を入れていることが伝わってきますね!

ではいよいよ次はメインの夜景を見ていきましょう!



圧巻のこの景色。。。御覧になってください。さすが新日本三大夜景と呼ばれるだけありますね!いくつかある展望台からは街全体を見渡すことができます。夜の来客はカップルが多く、デートスポットにもなっています。私が行ったときはちょうど大文字が正面に見えて、より迫力のある景色になっていました!!写真でも十分すごいですが、やはり直接見る景色はこの何倍も感動するはずです。標高が高いので空気も澄んでいて非日常の世界を味わうことができます。私は歩いていきましたが、車で簡単に行けるのでぜひ日本トップレベルの夜景を堪能してみてください!!


またまた夜景ですが、この夜景は特別です。これは展望台に行く最中にある「名もなき展望台」というところから見た景色です。障害物などがなく、上の展望台から見るよりも個人的には好きです~。なぜこの夜景が特別かというとこの展望台は駐車場がなく車で来ることができません。歩いて来た人だけ立ち止まって見ることができる場所なのです!!登り始めから展望台までのちょうど半分ぐらいの位置にあるため、休憩にももってこいの場所です。この場所からしか見えない特別な夜景を見ながら休憩するのはなかなか風情がありましたね。。。ぜひ歩いて行ってみてください!


見るからに温泉のあと取ったと思われる写真ですね笑。でもこんな標高の高いところに温泉なんてあるわけないじゃないですか...実はあるんです。それがこの「ほったらかし温泉」です。怪しい名前ですね。でもほったらかされてるわけではありません。標高約700メートルの山頂から富士山や甲府盆地を見渡すことができます!夜景を見れるのも魅力ですが、日の出の一時間前から営業しているので温泉に入りながら日の出を楽しむことも可能です!車で来るより歩いてくるほうがこの温泉の気持ちよさはずっと大きいのでぜひ体験してみてください!温泉後に飲むコーヒーの味もきっと今まで体験したことがないものになるでしょう!


どうでしたか。フルーツ公園は魅力いっぱいなのでぜひ訪れてみてください!

ではさようなら。

関連記事

すべて表示

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか