R8パネル展1.jpg

わたしのちからで地域を”ちょっと”元気にする

筑波大学発
地域活性化のデザイン

​Regional introduction
きっと行きたくなる R8地域ガイド
- 大学生が地域に入り,取材をして執筆しました -

​Interview
キーパーソン インタビュー
- 地域活性化への思いを大学院生が聞き取りました -

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

What we care about
大事なこと
-  "小さな活性化プラン" がカタチになるまで -

-地域の声を聞く-

活性化のデザインで大切なのは「知る努力を怠らないこと」「思いに気づいてカタチにすること」「エゴを押し通さないこと」.

プランを提案する前に,沢山の人々へのインタビューを行いました.

-地域と学生が力を合わせる-

私達が大事にしたこと.それは地域の資源と住民の皆さんの思いを読み解き,大学生が地域に関わり,共に何かを作り上げていくプロセス自体です.

大学生が主体的に周辺地域と関わり,自らの経験とアイデアをもとに活性化のプランを考えます.

-実行する-

学生一人一人がそれぞれプランを考え,自らのプランを主体的に実行します.たとえ小さく些細なプランでも,地域が求めていて,その実現を喜んでくれれば,そのプランは大成功です.

「わたしのちからで地域を”ちょっと”元気にする」.この言葉にはその思いが込められています.

IMG_5249.HEIC

インタビュー

各地域の協議会,R8活性化プラン採択者,つくば市長,つくば市周辺市街地振興課にインタビューを行いました。

89382882_573182529950405_621835096619677

​学生が考えたプラン

地域の方々と協働しながら,プランの検討と実施を進めています.

プランの内容も実施時期も,地域ごとに様々です.そのプロセスも含め,見守って頂ければ幸いです

28e1bb_764c8a2ce3c94e418acb6bb64dbd680c_

​各地域の紹介

大学生達が周辺地域に出かけていき,地域の方から話を聞き,取材をし,記事を書くことで,R8地域に対する理解を深めていきます.

​Contents of our actions and plans
地域活性化のためのアクション
- 大学生が活性化のタネを蒔いています -

実施主体

筑波大学 人間総合科学学術院 芸術学学位プログラム / 芸術専門学群

​環境デザイン領域 教授 藤田直子
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 

▶Website

協力主体

つくば市都市計画部 市街地振興課 周辺市街地振興室

〒305-8555 茨城県つくば市研究学園一丁目1-1

▶Website

▶Facebook 

Thanks for submitting!

​Promoter and supporters
実施主体 および 支援・協力・関係先