top of page

R8周辺市街地パネル展のはじまり

こんにちは。筑波大学大学院

環境デザイン領域修士2年の北川りさです。

今回の記事では、パネル展示が企画された最初の段階のお話をします。


パネル展示は、R8各地域の方々へのインタビューを行っていた際にある地域の方が「つくば市役所内で、R8周辺市街地を紹介する展示なんかがあったらいい。」とおっしゃっていたことをきっかけに、私が市役所の方々に打診させていただきました。市役所の方では私が企画するよりも先に場所や期間などが確保だけがされている状況でした。折角ならデザイン全般を任せていただけますかと伺ったところ、快く受け入れていただけました。



わたしは環境デザイン専攻ですが、少しばかり展示デザインやグラフィックデザインの経験があります。情報をまとめて分かりやすく示すことが好きなので、地域の方々に貢献できると思い、挑戦しました。


まず8月2日から行われる展示に向けて、6月11日に最初のミーティングが行われました。

6月11日の打ち合わせの為に使用したシート

↓↓↓






次に6月25日に第2回目の打ち合わせがあり、この時にパネル展示全体の内容全般が決定しました。

6月25日の打ち合わせの為に使用したシート

↓↓↓















ここから(期末試験期間が1週間あり)パネルを作り、什器を完成させる為に楽しく奮闘する1ヶ月が始まります…!

関連記事

すべて表示

栄での活動をふりかえる

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか

Comments


bottom of page