谷田部・みどりののジョギングコースをサイクリングしてみた

こんにちは。筑波大学理工学群社会工学類の熊谷兼人です。つくば市が設定しているランニングコースを使用してみました。谷田部地区とみどりの地区をつなぐ全長10.8㎞のコースで、つくばエクスプレス沿線の新しい雰囲気と谷田部の伝統ある雰囲気を楽しめるコースということで楽しみです。

 

今回はそんなジョギングコースを自転車でサイクリングしてみようと思います。スタートは市民ホール谷田部。近くに駐車スペースもあるので、車で自転車を持ってくることもできます。早速気合を入れてスタート。

  

 スタート直後○○橋の北側に美しい景観がありました。どこまでも遠く見渡せる田園風景とその手前に黄色く紅葉した木々。しかも,その黄色の葉は緩やかに流れる谷田川に反射しており、幻想的な景観になっていました。ただジョギングしていたら気づかなかったと思います。


その後,谷田川沿いを南下していきます。

南下すると谷田部野球場があり、連続する橋が特徴的な道があります。さらにその先には、田んぼが多い田舎のふるさと的な景観が続きます。視界を遮るものがほとんどなく解放感があります。しかも川沿いでは鳥の群れが戯れていて癒されます。



田舎の田んぼ道も悪くはないなと思います。

電鉄橋で道は突き当りになり目の前には田園風景が開けます。



どこを見渡しても田んぼが広がっています。普段コンクリートに囲われて生活しているとこのような景観でもきれいに見えます。


電鉄橋を右に曲がり、緩やかな坂を上っていき、団地を左に曲がります。その後は畑や住宅がちらほらある道を抜けて高速をまたいで右に曲がります。この辺りは地図を見比べながら走らないと道を間違いそうです。


高速で右に曲がり坂を下ると、西谷田川が見えてきます。そこから見る田園風景も周りに建造物がなく、開けて田園風景そのもので私は好きでした。


そこからは長く緩やかな坂が続きます。


走っていたのが午後だったのでちょうど夕日が目の前にありました。夕日を目指して自転車を漕ぐのは青春している気分になります 。


この坂が思ったよりも長く、クロスバイクに乗っていましたが少し疲れました。

坂が終わり交差点を右に曲がるといよいよつくばが開発されている実感がわいてきます。道の左右には工事中の住宅地や中層のマンションなどが見えてきます。

 みどりの駅に近づくほど道は整備されていきます。整備された道は整備されたなりに景観が整っています。


開発途中のみどりの地区を走り切って、再び谷田部市民ホールに戻ってきました。時間にして45分かかりました。


コースとしては、田園風景と開発されていく景観、開発され整備された景観がストーリーのように見ていくことができて面白かったです。交通量もさほど多くなく安心してサイクリングを楽しめました。


しかし、谷田部の市街地には交通量が多く歩道が整備されていないため走るのには向かないながらも伝統的な街並みを楽しめる道があります。

そのような道も考慮してジョギングコースを考えてもらいたいと思いました。コースを少し外れると面白い発見がたくさんありそうなコースでした。


皆さんも自分なりのコースを探しに行ってみてください。