歩いて見つけたランドスケープ~初めての谷田部で見た景色~

こんにちは。

理工学群社会工学類4年の高須賀アマラです。



この記事では、私が歩いて見つけた「谷田部の」ランドスケープについて紹介したいと思います!




谷田部には電車を使っていきました。下車駅はつくばエクスプレスみどりの駅です。今回初めてみどりの駅で降りたので、私の初めての視界を皆さんにおすそ分けしたいと思います。

ちなみに、この写真をよく見るとわかるのですが、駅前の道がくねくね曲がっているんです。これによって、ここを通る車がスピードを出しすぎるのを抑制できますね。何台かここを走る車を見かけましたが、ゆっくり走っていたような気がします。駅前ですが、ほかのTXの駅と比べて、空が広くてゆったりとした空気が流れていました!



みどりの駅の近くに公園がありました。その名も源流の森公園です。私が通りすがったときは遊びに来ている親子がいました。

私もベンチに座って少し休憩をしましたが、水の音と鳥のさえずりが聞こえてきて、立地も相まってゆったりするには最適です!





こちらは、千歳通りです。谷田部商店街の途中にあります。

ここは人々が遊び、語らい、集い、行き来する場所です。この通りは街の庭として利用する広場の機能と人・自転車・車の順に安全を優先する序列共用道路としての機能を併せ持つものです。

この時は、道路として使われていました。谷田部商店街と、まちの中心となるような役場、小学校、ふれあい広場や総合体育館をつなぐ場所にあるので、割と交通量がありました。

序列共用道路ということですが、歩行者、自転車、自動車で通るところは決められています。

何が通るかによって、道のデザインが変えられているのに気が付きました!

上の写真をみて気が付きますか??

これは自転車と自動車が通る部分を写したものです。





そして、これは歩道を通った時の私の足元の写真です! 歩道にはいくつかタイルがあって、何種類かデザインがあります。この写真は、そのなかでも私が面白いと思ったデザインです。子供たちが大人の腕にぶら下がっている絵、、、なんで歩道にこのタイル?とは思いましたが、歩いていてくすっと笑ってしまいました。

皆さんもここに来たらぜひいろんなタイルを探して楽しんでみてください!

ちなみに、歩道はひとつ前の写真の街路樹の外側にあります。車と分けられていて安心ですし、木陰になっていたので歩くのが気持ちよかったです。



谷田部のまちを歩いて思ったのは、生垣が多いということです。

もちろん、ブロック塀の家もありましたが、つくばの大学付近や研究学園のあたりと比べても生垣が多いと体感しています。

また、個人宅なので写真には映せませんでしたが、立派なお庭のお宅が沢山ありました。お花や果物を育てていたり、松などが生えた日本庭園風のお宅もありました。お庭を手入れしている方がいて、通りすがった時に「こんにちは」と声をかけていただきました。こういう温かい方々がいらっしゃるのも、谷田部の魅力ですね!




こちらは、谷田部の田園風景です。

この景色、一見田舎道を通って見えた景色みたいですよね?でも実はこれは駅からのメインストリートから見える景色なんですよ!広々見渡せて、日本らしい風景を楽しめて心地よかったです。


ここまで、私が初めて訪れた谷田部で見つけたランドスケープを紹介してきました。

ぜひ、谷田部の街歩きを楽しんで、自分の好きな景色を見つけてみてください!