歩いて見つけたランドスケープ!その先には酒屋さん!


こんにちは。筑波大学理工学群社会工学類2年の星野明日美です。

今回はつくバスで上郷に行ってきました。

上郷はつくばセンターから45分、1時間に一本の程度のペースでバスが出ています。コロナ禍ということも関係しているのか、バスはほとんど貸切状態でした。同じつくば市内でも45分かかるなんて、つくばは本当に広いな〜と実感させられます。バス乗車中には我らつくばのシンボル、筑波山がきれいに見えました。バスの中でも筑波山は裾が広がり雄大な姿をしています。バスで揺られながら寛大な筑波山を見ると自分なんてちっぽけだな〜なんて考えながらぼーっとし、ウトウトしていると、のどかな田んぼ道を抜けてやっと上郷に到着しました。


最近のつくばは連日35℃越えの猛暑日が続きます。日影を探しながら水分をとりつつ歩きました。そんな中、商店が続くエリアよりもずーっと南に向かって歩いてみました。暑いせいか歩いている人は誰もいません。途中八坂神社の前を通り手を合わせ先に進みます。15分程歩くと何やら昔ながらの看板がありました。そこには「塚田屋ストア」の文字が。中の様子を伺うと酒屋さんでした。誕生日がきて少しだけお酒が飲めるようになったのでちょっとウキウキしながら入ってみることに・・・。

実は私めちゃくちゃお酒弱いんですけどね(/ω\)


ふら〜っと見ているとニコニコ笑顔のお母さんが気さくに話しかけてくれました。最近はクラフトビールが人気だそうで、若い人がクラフトビール目当てに買いに来ることもあるそうです。せっかくなのでオススメのクラフトビールを訪ねると、「宇宙ビール」を紹介してくれました。お店ではお酒やビールについているコメントやポップもわかりやすくて素敵です。ついつい読んでしまいます!ちなみに市議会委員の小室さんもよく立ち寄るそうです。今回は奥さんが対応してくださいましたが、主人の塚田さんは5代目当主だそうです。


お酒を販売するにあたって予算や味の好み、どういう時に飲みたいかなども聞いてくださるのがこのお店のポイントです。今回は飲み慣れていない私でも比較的飲みやすいというクラフトビールを紹介してもらいました。普段、なかなかスーパーでは買えないクラフトビールですが、こちらのお店では多数種類を取り揃えています。

オススメのクラフトビールの一つ、宇宙ビールを一本購入し、バスが時間になったため急いでバス停に向かいました。このバスを逃すと2時間待ちなので…帰りもゆったりととバスに揺られつくばに帰ってきました。


ちなみに宇宙ビールとは山梨県北杜市八ヶ岳の麓にあるクラフトビール醸造所、その名も「UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)」で作られたビールです。ビールの原料として大量に使われるホップは醸造所のすぐ近くの畑で栽培され、自らホップを摘みにいき、ビールが作られているとのことです。このビールはインターネット販売で販売同時に売り切れてしまう超人気商品なんだとか。ちなみにMILKY WAYの意味は天の川、ロマンチックなビールです。そんなとてもレアな宇宙ビールを取り扱っている塚田屋さん、さすがです。


この日の夜はお楽しみのビールの時間です。オススメのビールを飲んでみました。癖が少なく飲みやすいビール。少しお高めですが、おすすめです。


※執筆者は20歳を迎えお酒が飲める年齢です。


参考

UCHU BREWING

https://uchubrewing.com/