top of page

大曽根の陶器の工房

こんにちは。人文・文化 学群2年のワシレフスカヤ・ポリーナです。正式には人文・文化 学群に所属していますが、この専攻はランダムです。現在、私の主な専攻は彫刻で、ここでの授業はすべて彫刻に集中しています。


私にとってとても重要な場所についてお話したいと思いますが。グーグルマップにマークがない場所です。つくばに住んでいる人なら、必ず訪れるべき場所だと思います。



それは陶器の工房です。オーナーの年を取った男性は、自分の活動について、そしてつくばのこと全般について、いろいろと教えてくれました。工房は小高い丘の上にあります。このところは2つの部分から成っています。


1. 工房。







2. 池、石、虹色に染まる特殊な物質で覆われた水差しなど、信じられないような構成。



庭はR8地域には入っていないので、工房について、そしてここのオーナーから聞いた話を詳しくお伝えしたいと思います。彼は自分で100個以上の水差しを作り、通年中活動するユニークな庭を設けています。彼はその技術について教えてくれました。最初は、水差しはとても壊れやすく、天気が悪いときには石の上や地面の上に置かれているため、簡単に壊れてしまうように思えます。しかし、彼はそれぞれの瓶の底を密閉し、中に石を入れます。



そして、彼は、驚くべき絵の具を作り出す特別な技術についても話して、虹色の輝きというような効果を得る方法を教えてくれました。私の日本語の知識では、彼が話していたすべての用語を完全に理解することはできませんが、その技術は本当に特別です。その結果、自然が作品と調和した素晴らしい絵が出来上がります。





多くの非対称的な構図がシームレスにつながり、完全に調和のとれた絵を作り出しています。さらに、多次元性というテクニックにも気づきました。レベル差も重要な要素です。



ここは本当にランドスケープデザインが最大限に生かされた場所です。この老人は、自然との完璧な調和を図りながら、それらが共生するように商品を配置しています。この場所を訪れることをお勧めします。



R8地域ガイド • 大曽根

Comments


bottom of page