台山公園の風景

こんにちは!筑波大学理工学群社会工学類3年の佐藤理貴です。

私は上郷のまちの魅力を探るべく、景観に着目して紹介をしていきます。今回は、台山公園に行ってきました。


向かうまでの道路の両脇には欅が並んでいました。夏には鮮やかな緑が生い茂っていたであろう木も、今は春に向けての準備期間中のため葉は全て落ちていました。その風景からは冬のにおいが感じられました。また、この日はとても晴れていて、公園から筑波山を見ることができました。

公園の中に入ってすぐに目につくのは12本の巨大な柱が特徴的なこのモニュメント。

中を探索してみると、サークル上に配置された椅子があったり、階段を上ってみると公園を見渡すことができました。

以前記事で取り上げた、川口公園の水もきれいでしたが、このモニュメントを取り囲む湖もまた綺麗に透き通っていました。

風が強くない日ならば波立っていない水面はまるで鏡のようになり、もう一つの世界をみなもに見ることができます。

このように、様々な風景を楽しめる台山公園にぜひ足を運んでみてください。新たな発見があるかもしれません。