北条を行く🏃‍♂️つくばワイナリー編

こんにちは!

芸術専門学群2年の熊澤佑悟です!

ランドスケープ探索を通してつくば市の魅力を改めて発信していきたいと思います。

この記事では、『つくばワイナリー』に注目して、あなたの知らないつくば市を探して行きます。

それでは、つくば市北条地区まで行ってみましょう!


さて、つくばワイナリーにやってまいりました。

筑波山を眺めることができるつくばワイナリーを訪れてみました。

開けた土地に、葡萄畑のある様子はとても壮観です。

ロゴデザインもオシャレですねー。

ワインのランクや種類を表すのに可変性のロゴをもちいているのだとか。アイデアがすごいですね!見習いたいです。

変なポーズをとっているこちらのかた💁‍♂️は私の友人であります。

つくばワイナリーが風光明媚な場所すぎてテンションがあがっておりますね。

それぐらいいいところです。

後ろの建物もスタイリッシュです。

同じような写真しか撮ってなかったようです。もう少しバリエーション持たせて撮っておけば良かった、、、。

中に入ると涼しくて、オシャレなワインがずらりと並んでいました。

店員さんに話を聞くと、数年前までは葡萄のさいばいのみをおこなっていて、ワインは委託醸造だったそうですが、現在では醸造までされているそうです。すごい!

店員さんも醸造の勉強をされていて、成り行きで職員になられたのだとか。


最近二十歳を迎えた友人のためにプレゼントとして一本ワインを購入しました!

喜んでくれると良いなぁ、、、

自分も飲んでみたい、、、笑

ワインの味はともかく、とても良いところでしたし、店員さんも優しい方だったのでまた来たいと思いました!


それでは今回はこの辺で!

関連記事

すべて表示

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか