井戸端お散歩

こんにちは!今泉優子です。

前回、「oneドリンクお散歩」に至るまでの試行錯誤を紹介しました。

今回は、「井戸端」「縁側」から「お散歩」というテーマに定まったのか、紹介したいと思います。


「お散歩」というテーマは、もっくんコーヒーさんとの話し合いの中で出てきました。

「大曽根在住の人でもあまり知らないような魅力的な散歩道をよく歩く」「そういう景色を多くの人に知ってほしい」という言葉をいただきました。

↑大曽根の散歩道の風景


この話し合いの中で、大曽根の絶景スポットの場所などを教えていただき、ここの詳細を地図として作ったら面白いのではないか?という構想を練りました。

↑大曽根マップ(◯部分を想定)



「お散歩」というテーマは、話し合いの中でちょこっと出てきた話から生まれました。

私のような学生だけでなく、もっくん珈琲さんなどの地元の方々とともに作っている提案です。

今後とも、大切に育てていこうと、決意を新たにしました。


関連記事

すべて表示

ゆる企画書から、企画決定!

今回は、「さくら交流館×ワークショップ」の内容を詰めていくプロセスについて詳しく振り返りたいと思います。 私たち学生が「さくら交流館」でやってみたいことと、協議会の方々の「さくら交流館をこういう風にしたい」という思いを組み合わせて、最終の企画プランを決定する必要がありました。 私たちの最初のプランでは、「ものづくりワークショップ」と「フリーコーヒー」を、外部空間も使って行おうというプランでした。