上郷市街地活性化協議会の皆様へのインタビュー

 こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の劉山です。今回は上郷協議会への皆様のインタビューを紹介したいと思います。

 上郷市街地活性化協議会は、つくば市のちづくり勉強会の参加者たちは中心として、上郷地域の周辺市街地活性化、まちづくりに取り組んでいる組織です。そして、今回のインタビュー活動は筑波大学の学生は中心にして、地域の活性化状況、これまでの活動、展望及び地域の課題について伺った。




インタビューの様子


 インタビューにより、上郷地域の活性化を実現のため、色々なプランをやりました。最近は獅子舞(たくらさんびきしし)という民俗芸能をを復活するため、地域の人々は協力しながら、練習を進めっています。

 また、今後には、「人材を発見」、「人の繋がりができ」、「色んな人の様々な面が見

られた」、また、上郷地域の良さや特性が分かり、よそ者の考え方を受け入れやすい環境を作って行きたいことをおっしゃっています。

 また、地域協議会の皆様は地域の飲食店への協力、文化や歴史の地元の資源や魅力をどんどん活用していくという発想があります。私達の学生は上郷地域の皆様はプロジェクトの開催に向けて努力している様子を見て、とても感動した。私自身つくば市に住んでおり、微力ながら地域の活性化の実現に貢献したいと思います。

関連記事

すべて表示

ゆる企画書から、企画決定!

今回は、「さくら交流館×ワークショップ」の内容を詰めていくプロセスについて詳しく振り返りたいと思います。 私たち学生が「さくら交流館」でやってみたいことと、協議会の方々の「さくら交流館をこういう風にしたい」という思いを組み合わせて、最終の企画プランを決定する必要がありました。 私たちの最初のプランでは、「ものづくりワークショップ」と「フリーコーヒー」を、外部空間も使って行おうというプランでした。