上郷地域の景観缶バッジイベント

 こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の劉山です。今回は「上郷景観缶バッジ」を紹介させていただきます。

 10月16日は「上郷フェステイバル」を開催しました。今回は「上郷R8ロゲイニング」のおまけイベントとして、「上郷景観缶バッジ」を実施しました。


上郷フェステイバルの様子


 「上郷景観缶バッジ」プランとは、上郷地域の有名な景観、文化歴史場所を対象に、手書きに通して缶バッジを作ります。イベントの参加者にプレゼントとしておくることで、地域の特徴、有名な所は伝わりたいと思います。


景観缶バッジイベント

 前の「上郷お出かけ一日お出かけプラン」の現地調査の時、上郷地域の自然雰囲気、文化歴史の建物の魅力を感じました。そういう資源を活用して、他の地域の人にしらせたいという発想でこのプランを考えました。

 缶バッジは持ちやすい、作りやすいの特徴があり、このような便利性を用いて、地域宣伝にはけっこう役に立てると感じました。また、一回だけではなく、今後のほかのイベント開催にも使えて、繰り返す使用する可能性もあります。


関連記事

すべて表示

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか