上郷地域の景観缶バッジイベント

 こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の劉山です。今回は「上郷景観缶バッジ」を紹介させていただきます。

 10月16日は「上郷上郷フェステイバル」を開催しました。今回は「上郷R8ロゲイニング」のおまけイベントとして、「上郷景観缶バッジ」を実施しました。


上郷フェステイバルの様子


 「上郷景観缶バッジ」プランとは、上郷地域の有名な景観、文化歴史場所を対象に、手書きに通して缶バッジを作ります。イベントの参加者にプレゼントとしておくることで、地域の特徴、有名な所は伝わりたいと思います。


景観缶バッジイベント

 前の「上郷お出かけ一日お出かけプラン」の現地調査の時、上郷地域の自然雰囲気、文化歴史の建物の魅力を感じました。そういう資源を活用して、他の地域の人にしらせたいという発想でこのプランを考えました。

 缶バッジは持ちやすい、作りやすいの特徴があり、このような便利性を用いて、地域宣伝にはけっこう役に立てると感じました。また、一回だけではなく、今後のほかのイベント開催にも使えて、繰り返す使用する可能性もあります。


関連記事

すべて表示

ゆる企画書から、企画決定!

今回は、「さくら交流館×ワークショップ」の内容を詰めていくプロセスについて詳しく振り返りたいと思います。 私たち学生が「さくら交流館」でやってみたいことと、協議会の方々の「さくら交流館をこういう風にしたい」という思いを組み合わせて、最終の企画プランを決定する必要がありました。 私たちの最初のプランでは、「ものづくりワークショップ」と「フリーコーヒー」を、外部空間も使って行おうというプランでした。