上郷地域の文化、歴史資源を宣伝プラン

 筑波大学大学院環境デザイン領域修士一年の劉山です。前回は上郷地域の文化、自然、歴史の資源を紹介しました。今回はそれらの文化、歴史を活用してプランを紹介したいと思います。

 まずは景観缶バッジを紹介させていただきます。景観缶バッジとは、地域の景観、特徴に基づいて作ったものです。景観まちづくりの一環としての各種イベントやワークショップ等に参加した市民等に、プレゼントとしてだけではなく、地域の景色への共感、宣伝することも期待されている。


参考例:熊本県景観缶バッジ



参考例:岡崎市景観缶バッジ


 以上の地域の景観缶バッジを参考にして、上郷手書きで上郷景観缶バッジを作って、プレゼントとして、上郷のフェスティバルを参加する皆様に贈りたいと思います。


手書きのスケッチ:


         金村別雷神社              長嶺城址



       春日神社                 随翁院







  

 今度は具体的な景観缶バッジプランについて紹介したいと思います。




関連記事

すべて表示

ゆる企画書から、企画決定!

今回は、「さくら交流館×ワークショップ」の内容を詰めていくプロセスについて詳しく振り返りたいと思います。 私たち学生が「さくら交流館」でやってみたいことと、協議会の方々の「さくら交流館をこういう風にしたい」という思いを組み合わせて、最終の企画プランを決定する必要がありました。 私たちの最初のプランでは、「ものづくりワークショップ」と「フリーコーヒー」を、外部空間も使って行おうというプランでした。