上郷で見つけた素敵な農風景



こんにちは、筑波大学芸術専門学群3年の護ことみです。

今回は、上郷を散歩しながら見つけた魅力的な農風景についてご紹介したいと思います。



私が上郷を訪れたのは12月上旬。

寒い中、カメラ片手にのんびり歩いていると、すてきな風景が目にとびこんできました。

一面に広がる畑とぽつぽつと見える家々。

畑に挟まれた細い道路で犬の散歩をしている方がいたり、子供たちが楽しそうに走り回っていたりと、ゆったりした雰囲気になんだかほっこりしました。

半分切れてしまいましたが、上の写真の右端に見えるのは筑波山です。遮るものが少なく、とても綺麗に見ることができました。筑波山の手前に畑が広がる風景は、つくばらしい風景ですね。










こちらは白菜畑です。青々とした白菜がずらりと列になって並んでいます。

ちょうど、夕方の西日に照らされてとても綺麗でした。

ちなみに、つくばの白菜の生産量はトップクラスだそうです。











こちらの写真はネギ畑の様子です。こちらも青々と伸びて、元気よく育っているようですね。実は、ネギも全国トップクラスの生産量を誇っているそう。

畑では、農作業をしている方を何人も見かけました。中には収穫した野菜を片手に、立ち話に花を咲かせている農家の奥様方も。

農家の方の生業が作る農風景は、人々の生活や想いが見えるからこそ、美しく感じるのかも知れません。




さて、さらに歩き進めていくと、ずらっと並んだビニールハウスを発見。イチゴの農家です。

この向かいには和菓子屋の「八木製菓」さんがあり、こちらの農家で収穫されたイチゴを使った美味しいイチゴ大福を購入することができます。






こちらが「八木製菓」さんのイチゴ大福です。イチゴが採れる時期にしか食べることができない季節限定商品です。パッケージのイラストが可愛らしいですね。丸々としていて、とっても美味しそう。

周りのおもちは薄めで、ふわふわとした食感。その中には餡子と大きなイチゴが丸ごと入っています。すぐ向かいにある農家の、採れたてイチゴを使用しているからこそのみずみずしさ。とにかく絶品のイチゴ大福は、大人気商品!「八木製菓」さんでは他にも色々な種類の和菓子を販売しているので、そちらも合わせてぜひ食べていただきたいです。





さて、今回は上郷で見つけた農風景についてご紹介しました。一面に広がる畑と、そこに暮らす人々の想いが作り上げた風景の素晴らしさは、写真だけではなかなか伝え切れません。

心を落ち着かせてくれる、のどかな風景を体感しに、上郷を訪れてはいかがでしょうか。