top of page

R8周辺市街地のためにできること「R8周辺市街地パネル展示」

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士2年の北川りさと申します。


私は、つくば市 都市計画部 周辺市街地振興課の方々と「R8周辺市街地パネル展」をつくば市役所本庁舎1階 中央展示スペースにて行いました。展示全体のデザイン(空間デザイン、パネルデザイン、什器デザイン)を担当しました。


8月2日(月)から8月31日(火)に、「R8周辺市街地パネル展」と題して、歴史や文化、豊かな自然といったかけがえのない魅力を持つ各周辺市街地の特徴や、各協議会のこれまでの活動を紹介するパネル展を行いました。

展示の様子や、パネルの内容はつくば市役所のHPから全てのデータを見ることができますので、是非ご覧ください。

↓↓↓














また、8月の展示が非常に好評であったことから、駅前にあるLOFTつくば店でも出張展示を行わせていただきました。(8月20日~9月20日)






10月1日(金)から10月29日(金)に、「R8周辺市街地×サイクル パネル展」と題して、展示を行いました。

第2弾ではサイクルコミュニティ推進室の協力を得て、”周辺市街地を自転車で楽しむ”をテーマに、実際に周辺市街地に足を運んでいただくきっかけとなるような展示を目指しました。


第2回の展示の様子も、パネルの内容はつくば市役所のHPから全てのデータを見ることができますので、是非ご覧ください。

↓↓↓







次回の記事からは、パネル展開催までの経緯などを紹介します。

関連記事

すべて表示

栄での活動をふりかえる

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか

Comments


bottom of page