ふれあいロード歩いてみた


こんにちは、筑波大学芸術専門学群2年、浅野咲良です。


今回私は、つくば市北条にあるふれあいロードを歩いてみました。

ふれあいロードとは主に、北条商店街のある道のことを指しているようです。歴史ある建物の多いこの街の商店街は、初めて訪れるはずなのに、とても懐かしいような、ときめくような、不思議な気持ちになりました。この道をぶらぶらと歩きながら、見つけたものや体験したことについてレポートしていきます。



最初に見つけたのは、宮本家店蔵。宮本家は代々醤油醸造業として栄え、屋号を「宮清」といったそうです。国の登録有形文化財と指定されており、本格的な土蔵造りを目にすることができます。

商店街の中でも一際風格のある堂々たる姿には思わず目を惹かれてしまいました。


宮本家の店蔵を過ぎると、右側につくば道の道標がありました。神の山として崇められて、筑波山の参詣道として開かれた道です。当時の信仰を語るものとして、昭和61年に日本の道百選に選ばれたそう。

その入り口を示す道標より先は、山へと続く坂道となっており、神の山へと続いています。


そして、その道標と、道路を挟んだ向かい側には、このような像?が。

小学1年生くらいの女の子がきちんと手をあげて横断歩道を渡ろうとしていますね。スッと伸びた手は、北条に住む小学生のお手本であること間違いありません。しかし、どこをみているのかわからない目に、シュールさのようなものも感じます。道ゆく車を睨みつけているかのようにも見えます。


この日は晴れ。9月も半ばではあったものの、残暑や日差しが、運動不足にしみます。

そろそろ屋内に行きたいな…、とフラフラ歩いていると、「北条米スクリーム」の文字が。そのまま、吸い込まれていくかのように店内にお邪魔しました。

ここは、近江屋酒店さんという、つくばの地酒の販売をしているお店でした。北条の観光案内もされていて、北条と、北条付近のおすすめスポットについてお聞きすることができました。



そして、北条米スクリーム

筑波大の学生が数年前に訪れて、北条の特産品を調査して開発したものだそうです。

お米の甘味と、ミルクの風味が合わさった、甘さ控えめの美味しいアイスクリームでした。原材料がお米ということもあってか、食べ終わった後にかなり満腹感が。しかし、絶対にお昼ご飯を北条で食べると決心していた私は、最初から気になっていたカフェに向かいます。


カフェ posten

絵本に出てくるお家のような可愛らしい見た目のお店。お店の名前の通り、小さな郵便局をテーマにしたお店のようです。扉が正面にあったのでここが入り口かと思いきや、ここはフェイク。本当の入り口は左側の看板の先にありました。


お店の内装の写真は許可を取ることができなかったのですが、郵便局を思わせる小さな遊び心がたくさん隠されている素敵な内装でした。



ランチプレートのキーマカレーです。

トマトがたくさん使われた甘めの優しいカレーは、懐かしい気持ちにさせてくれました。

ドリンクやデザートもどれもとても美味しく、北条を訪れた際には絶対に立ち寄ってほしい場所の一つです。


ふれあいロードを歩いて、北条商店街の良さをとても感じることができました。

現在はコロナウイルスが流行していることもあり、矢中の杜など、注目スポットに一部お邪魔することができなかったのが心残りです。この商店街には、私が紹介しきれなかった素敵スポットもあるそうですよ?