「oneドリンク×お散歩」

みなさんこんにちは!筑波大学芸術学学位プログラムの今泉優子です。

私は主に、r8地域のひとつである大曽根地域のもっくん珈琲さんと地域活性化のデザインを行っています。



大曽根ってどんなとこ?

どのようにしてこのマップを制作したのか、まずはこの地域について紹介から始めたいと思います。

大曽根ってどこにあるの?

大曽根はつくば市の中心市街地とのアクセスが整った環境、新規住民が増加している現状、筑波山がよく見える、景観に優れた環境が揃っている住みよい街です。


その一角にあるもっくん珈琲は、こぢんまりとしていますが、温かみのある素敵なカフェです。その店のオーナーである川村さんと話し合いを進めながら地域活性化のデザインを進めています。


↑大曽根の風景

↑もっくん珈琲の風景



大曽根へのインタビュー

大曽根での地域活性化を考え始めたきっかけとして、演習の中で行ったインタビューがありました。

↑インタビューの様子


もっくん珈琲の川村夫妻とのお話の中で、大曽根地域の立地のポテンシャルを大切にしている反面、そのポテンシャルを活かせていない現状があることや、活性化のプロジェクトではなかなか意見が出てこないことなどの課題点がありました。

また、既製のマップのバージョンアップを行いたい、居場所を作りたいと考えているなど、とても活発に活動を行っていることが分かりました。



大曽根で何ができる?

大曽根地域についてインタビューで多くのことが分かり、その上で自分にできる地域活性化を形にする取り組みを、現在進行形で行っています。

↑制作中のお散歩MAP


その一つが「大曽根oneドリンク散歩MAP」と称した地図の作成です。

最終的にはポストカードサイズで印刷し、もっくん珈琲店内に置かせていただく予定です。

次の段階として、マップを作るだけに止めず、どのような活用の方法があるかを模索すること、他の地域でも作ってみること...なども考えています。


制作秘話については毎週更新のブログ記事でも紹介します。そちらもぜひご覧ください!

関連記事

すべて表示

ゆる企画書から、企画決定!

今回は、「さくら交流館×ワークショップ」の内容を詰めていくプロセスについて詳しく振り返りたいと思います。 私たち学生が「さくら交流館」でやってみたいことと、協議会の方々の「さくら交流館をこういう風にしたい」という思いを組み合わせて、最終の企画プランを決定する必要がありました。 私たちの最初のプランでは、「ものづくりワークショップ」と「フリーコーヒー」を、外部空間も使って行おうというプランでした。