「栄ロゲイニングに参加してきた!!」

こんにちは。芸術専門学群2年の山下采夏です。

私は2021年4月25日のR8ロゲイニング in栄 に参加してきました。そのロゲイニングについて、今回記事にまとめました。


ロゲイニングって?



 ロゲイニングに行ったらまず、班ごとに分けられ、上のような地図をもらいました。私はお父さんと小学生の息子さん(途中からお母さんも合流)の素敵なご家族の班につかせてもらいました!ロゲイニングのルールは、まず、場所によって10、20、30、40、50の得点が設けられています。スタート地点から遠い場所や行きにくい場所であるほど高得点です。また、地図上の施設やお店で買い物したら加点というオプションや、神社を制覇したら、など、様々なボーナス点が用意されていました。行った場所を写真に撮ったら特典ゲットとなります。遠いところの高得点から狙うのか、または時間を気にして近場から行くのか、ボーナス点狙いか、など、チームでスタート前によく話し合うことが大切だと思いました。


参加するまでよくわかっていなかったけれど、体力だけじゃなくて意外と頭も使うし、めちゃめちゃ面白そう!!





ロゲイニングで見つけた!美味しいお店①「café&beer GOATEE」



 とてもおしゃれなカフェなのですが、かつては倉庫だったらしい。倉庫をリノベーションしてカフェに生まれ変わらせたようです。奥には、美容院も併設されている!美容院もとってもおしゃれ!ロゲイニング当日カフェは混雑していて、予約なしでは店内に入れなかったため、ジュースをテイクアウトして歩きながら飲みました。お子さんはコーラ、私はレモネード。暑い日だったから、とっても美味しかった!

 後日、気になって改めて友達と訪れてみました。店内でグラタンセットを頼んだのですが、とっても美味しかった!ご飯もジュースも美味しいし、店内もとってもおしゃれなので、ぜひ皆さんも行ってみてください!


https://retty.me/area/PRE08/ARE57/SUB5702/100001528055/




ロゲイニングで見つけた美味しいお店②「蔵日和」


 歴史を感じる建物で、入る前にまずびっくり!この「蔵日和」は、かつての米蔵を改装して作られた、パン屋さんです。なんと、築180年とのこと!!「パン番長」と呼ばれるこの道30年のパン職人が毎日手作りのパンを提供しています。地元の方には有名なパン屋さんらしく、蔵日和のメロンパンはつくばのパンコンテストで一位を受賞するほどの実力。チームを組ませてもらったお母さんが「ここは美味しいよ」と教えてくださいました。私はサーモンと野菜が挟まったサンドイッチを買ったのですが、生地からもう美味しい!歴史を感じながら、美味しいパンをぜひ皆さんにも食べてもらいたい!


https://touemon.com/shop/kurabiyori





順位発表までの間は、お祭りスペースで♪


 ゴール地点(スタート地点)には、地元の特産品や、焼き鳥などの屋台がたくさん出ていて、ドキドキの結果発表までの時間を楽しみました。地元の有名なイチゴや、和菓子も売っていました。ロゲイニングにはお子さんもたくさん参加していたのですが、お子さんたちも屋台のゲームや美味しいものを食べて楽しんでいました。待っている間に別のチームについていた友達と話すと、チームそれぞれ作戦が違っていてとても面白かった!中には、ご飯を食べる時間がもったいないからと、お昼ご飯も食べずに歩き回った人や、班の人がガチ勢すぎてひたすら走り回ったという人も。笑


楽しかった!ロゲイニング!


 入賞には及ばなかったものの、とっても楽しかった!ほとんど知らなかった栄の魅力をたっぷり知ることができたし、チームの方とたくさんお話しして仲良くなれたこと、そして何よりもいい運動になった。入賞したチームの景品も豪華でした。笑 「ロゲイニング」という企画は街を知ってもらうのにも、参加者にもとてもいい試みで、ぜひもっともっと広まったらいいと思った。この企画がなかったら知らなかった場所やお店にも出会えて、また改めて行ってみたいと思いました。きっと参加した多くの人が同じように思ったと思います。町おこしにはもってこいの企画だなぁと思いました。






関連記事

すべて表示

こんにちは。筑波大学大学院環境デザイン領域修士1年の勝山祐衣です。 今回は、2021年の活動をふりかえります。 栄を訪れる ー私が初めて栄を訪れたのは2019年夏のことで、市街からの距離が近い割には街の喧騒を感じさせない田園風景と、筑波山がどっしり見守っているような安心感が印象的だった。 交流館のこれまで ー何度か交流館を訪れた印象としては、交流館の入り口がわかりにくいこと、中に入って良いのかわか